スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クマに“お仕置き” 人と共生へ秘策(産経新聞)

 人とクマは共生できるのだろうか。ときに、餌を求めて畑を荒らしたり、人に危害を与えたりすることもあるクマを、人里に近寄らせないように、唐辛子スプレーを吹き付けて“お仕置き”をしてから山に返す取り組みが効果を上げている。これまでは、被害を起こしてしまえば殺処分が避けられなかったクマを生かすための秘策だ。クマが食べる野山の木の実は、今年が凶作の年に当たっている。秋にはクマの人里への出没が増えると予想されており、こうした取り組みに注目が集まっている。(天野健作)

 クマやシカの生態調査などを実施している「兵庫県森林動物研究センター」(丹波市)は、平成15~20年度までに捕獲したツキノワグマにGPS(衛星利用測位システム)を装着し、その後の行動を監視している。

 野山に放つ際には、唐辛子スプレーのほか、大声を出したり、轟音(ごうおん)玉と呼ばれる煙火やロケット花火をクマが逃げる方向にめがけて投げつけたりする。

 こうした“お仕置き”をすることで、クマに「人が怖い」と教え込み、二度と人里に近寄らせないようにするのだ。この取り組みは「学習放獣」と呼ばれ、広島県などでも実施例があるが、放獣後の本格的な追跡調査を始めたのは同センターが初めてとなる。

                   ◇

 同センターの横山真弓・主任研究員(獣医学)によると、追跡した64頭のうち、約7割の45頭は人里へ再び出没することはなく森の中にとどまった。19頭は再出没があり、そのうち10頭は殺処分された。

 兵庫県では過去10年間に7回のクマによる人身事故が発生している。クマは基本的に用心深く、人に気付くと逃げることが多いが、まれに大きなつめと牙で一撃を与え、重傷を負わせるケースがあるという。

 兵庫県のツキノワグマは絶滅危惧種に指定されていることもあり、殺処分は人間を守るための苦渋の選択でもある。

 学習放獣の効果もあって、平成12年度に県内で15頭だった捕殺頭数は、近年は数頭にとどまっている。20年前までに推定100頭程度だった生息数も、現在は200頭以上に回復したとみられるという。

                   ◇

 ドングリなどの木の実がたくさんなる豊作年のときはクマの目撃件数は減るが、今年は2年に1度の凶作年にあたる。凶作年には県内のクマの目撃件数が豊作年の約10倍に当たる千件近くに上ることもあるという。昨年が大豊作だっただけに今年は大凶作になるのではとの予想もある。

 県では目撃情報をもとに必要に応じて現場に出動し、被害にあわないための指導助言を行っている。横山さんは「人里への出没は夜間だけでなく早朝、夕方にも及ぶ」という。

 クマを寄せ付けないためには、軒先にある柿や栗を早めに収穫したり、生ゴミを屋外に放置するのをやめたりしなければならない。

 横山さんは「クマも人に合わないように努力している。人間側の取り組みも必要だ」と訴えている。

民主推薦の本郷谷氏が初当選 千葉の松戸市長選(産経新聞)
<福島第2原発>1号機トラブル 金属棒の破損が原因(毎日新聞)
4、5月の機密費は3億円=引き継ぎ時の残高明かさず(時事通信)
SFCG関係メールを削除=違法取引隠ぺい狙いか―振興銀、出資法抵触の疑いも(時事通信)
神鹿撃ち死なせた罪認める 矢ジカ男に懲役10月求刑(産経新聞)
スポンサーサイト

【集う】第18回橋田賞授賞式(産経新聞)

 □5月10日、東京・新宿のリーガロイヤルホテル東京

 ■「よかった、すてきな俳優さんになられて」

 「あの坊やが、こんなになっちゃったんだあ」

 人気のイケメン俳優でも、今をときめく女優でも“愛に満ちた舌鋒(ぜっぽう)”は変わらない。脚本家の橋田壽賀子さん(85)にとって、「橋田賞」を受賞した後輩に、少しパンチの効いた祝辞を贈るのは恒例なのだ。

 日本人の心や触れ合いを取りあげ、感動を呼び起こしたテレビ番組、制作者らを表彰している「橋田賞」。橋田さんが理事長を務める橋田文化財団の主催で、“使い捨て商品”となりがちな番組作品を、放送文化の振興に大きく寄与するものとして顕彰している。

 18回目を迎えた今年は、「JIN-仁-」(TBS系)、「ちい散歩」(テレビ朝日系)、「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」(NHK)の3作品と、俳優の大沢たかおさん、香川照之さん、天海祐希さん、石坂浩二さんの4人が橋田賞に選ばれた。

 受賞者の中で最も緊張して式典に臨んでいたのは、橋田さんから「坊や」と呼ばれた香川さんだったかもしれない。

 NHK「坂の上の雲」の正岡子規役などで見せた高い演技力を評価されての受賞。橋田さんから賞状を手渡され、「よかった、すてきな俳優さんになられて」と祝福を受けると子供のようにあどけない表情を見せた。

 スピーチでは、橋田さんが脚本を手がけるドラマでADを務めたことがあると明かした香川さん。橋田作品への出演も果たし、キャリアを積めたことで今があると振り返った。

 「今日、ここにいることが信じられない。感激しております。この賞に恥じぬ俳優として、精進してまいります」

 かみしめるように語って、向けた視線の先には“先生”の優しい笑顔があった。(三宅陽子)

カード現金化 トラブル急増 実態は「高金利の融資」(毎日新聞)
<将棋>A級順位戦が開幕 羽生名人への挑戦権争う(毎日新聞)
<諫早干拓>農水幹部を長崎に派遣(毎日新聞)
逮捕の「撮り鉄」男 神戸市交通局職員だった(産経新聞)
若手社員の83%は「ストレスを感じている」――いまの気持ちは?(Business Media 誠)

種牛忠富士を殺処分、周囲5頭10日経過観察(読売新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、政府の対策本部と県は22日、家畜の移動制限区域(発生地域から半径10キロ圏)内でワクチン接種を始めた。

 この日は養豚農家10軒の計約2万2000頭の豚に接種が行われた。一方、感染が判明したエース級の種牛「忠富士(ただふじ)」は同日、殺処分された。

 ワクチン接種は、移動制限区域内で飼育され、まだ感染していない約16万5000頭が対象。すべて殺処分を前提としており、埋却場所が確保されるまで感染拡大を防止するのが目的となる。牛より豚の接種を優先させたのは、豚の方がウイルスに感染しやすいため。県は制限区域の外側から内側に向かって接種を進めることで、感染の広がりを抑える方針。

 忠富士は、県家畜改良事業団(同県高鍋町)が主力種牛として13日、特例で同県西都(さいと)市の畜舎に移した6頭のうちの1頭。他の5頭と同じ畜舎におり、家畜伝染病予防法の規定で5頭も殺処分の対象となる。

 だが、県は特例で21日から10日間の観察期間を設定。初めの1週間に毎日、遺伝子検査を行い、様子を見るという。

<公明党>山口代表が民主との連立、閣外協力を否定 (毎日新聞)
<都青少年健全育成条例改正案>日弁連が反対声明(毎日新聞)
<将棋>3連覇の羽生名人「山あり谷ありの勝負でした」(毎日新聞)
<東京都>政府に要望 水道事業、海外展開で国の支援を(毎日新聞)
両陛下が植樹祭出席=神奈川(時事通信)

<雑記帳>段ボールで名古屋城 愛知工大生ら、千枚分使って(毎日新聞)

 段ボールでできた名古屋城の天守閣上2層部分(高さ約4メートル、面積約20平方メートル)がイオンナゴヤドーム前ショッピングセンター(名古屋市東区)に登場、買い物客の注目を集めている。20日まで展示。

 愛知工業大(愛知県豊田市)建築学科の学生、大学院生計約20人が段ボール(縦1メートル、横2メートル)約1000枚分を使い、昨年春に完成した。同店が開店4周年記念イベントに合わせ、同大に展示を依頼した。

 くぎは使わずにガムテープや接着剤を活用。壁は段ボールを重ねて強度を出すなど、頑丈そのものだ。買い物客は内部にも入って興味深そうに見学。段ボールの力を改めて見直したよう。【岡村恵子】

【関連ニュース】
春姫道中:徳川義直の正室こし入れの様子を再現…名古屋
名古屋城:金シャチは「2代目」 大空襲で焼失、再建
日本の城
春姫道中:華やかに--名古屋城
ユキヤナギ:春の名古屋城お堀沿い、かれんな花の雪景色 今月いっぱい見ごろ

<着服>愛知高速交通の元主幹を懲戒解雇(毎日新聞)
中国首相30日に来日、31日首脳会談へ(読売新聞)
13年までに「国民ID制」導入=法制整備も明記-IT戦略本部(時事通信)
「ザク」が組み体操!? マニア心くすぐる笑えるフィギュア(産経新聞)
28日に故鈴木元知事の都葬(時事通信)

<雑記帳>サクランボ 母の日を前に出荷に追われる 秋田(毎日新聞)

 サクランボ産地の秋田県湯沢市三関地区で、4戸の果樹農家がプレゼント用に高級品種「佐藤錦」などの鉢植えを栽培。赤い実をつけ、9日の母の日を前に出荷に追われている。

 ビニールハウス内で接ぎ木から育て、人工授粉させて実らせた。今年は天候不順で実の数は少なめだが、2鉢の花を互いに授粉させれば翌年も実がつくという。

 きっかけはグループ代表の藤山政弘さん(55)が母に贈って喜ばれたこと。800円からで、観賞はもちろん食べてもおいしい。母への感謝をかわいらしい姿と甘酸っぱい味に託しては? 藤山さん(090・3368・1465)。【佐藤正伸】

【関連ニュース】
勝喜梅:高級梅干しと花をセットに “娘目線”の母の日限定商品を発売
母の日:「お母さんに花を」 百貨店などの生花コーナー、子どもたち品定め /三重
トルコギキョウ:もうすぐ母の日 出荷始まる--串本 /和歌山
カーネーションフェア:母の日前に即売--道の駅「村田」 /宮城
梅酒:東久留米産の梅100%使用 来月1日発売 /東京

NPT会議 紙芝居で「核廃絶」訴え…長崎の高校生(毎日新聞)
ヤンマーに石綿含有で回収指示 大阪労働局(産経新聞)
御殿場の女性死体遺棄、2月にDV相談(読売新聞)
<口蹄疫>宮崎の2市町で新たに確認 35例目(毎日新聞)
「酸っぱい」カツ重…売れ残りトンカツ肉転用(読売新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。